美容・女装

女装のやり方・始め方/メイクをする前にやっておくことは?

こんにちは、ミケまるです。(twitter:@mikenekomaster)

今回は女装を始める気になった方のために、メイクをする前までの工程に必要なもの&手順を書いていこうと思います!

【参考】前記事:化粧・女装に興味がある?いつやるの?今でしょ!

具体的にはこちらの工程

  1. 洗顔
  2. ひげ剃り
  3. 化粧水・乳液で保湿
  4. 眉毛を整える
  5. 顔剃り

そしてこの工程で必要になるアイテムはこちら

工程 アイテム 具体例(主にミケまる使用品) 参考価格
全行程 ヘアバンド 100均などでも買えます。

割愛!

100円~
洗顔 洗顔料
500円~
ひげ剃り 多枚刃T字カミソリ
3000円~
シェービングフォーム

シェービングゲル

500円~
化粧水・乳液で保湿 化粧水・乳液
1100円~
眉毛を整える アイブローペンシル

(眉毛を描く化粧品)

カスタマイズホルダーもあると便利

600円~
アイブローセット

(眉毛用毛抜きとハサミ)

1000円~
フェリエ

(電動カミソリ)

2000円~

ミケまるは2019/5から女装を始めた初心者ですが、この記事内容はある程度信頼してもらえるかと思います!

そう思われる方もおられるかもしれませんが、理由があるのです。

今回紹介する手順はミケまるの嫁監修です。(ミケまるは既婚者)

何かを習うには経験のある人に教わるのが一番です。(器の広い嫁に感謝(‘ω’))

それでは早速女装の準備をしていきましょう。

 

1. 洗顔をしよう!

何はともあれ、顔が油ギッシュでは始まりません。

洗顔のやり方だけでひと記事かけてしまいそうなのでここでは簡単に。

ヘアバンドをして洗顔料をしっかりと泡立て、顔全体を優しく泡でなでるように洗いましょう。

決してごしごしこするように洗ってはいけません!皮膚や毛穴のダメージになってしまいます!これがシミや毛穴の広がりにつながってしまうのです。

私はbiore マシュマロホイップを使っています。泡の状態で出てくるので手間が少なくて◎です!

洗顔料は基本的に皆さんお持ちでしょうからまずはそれでよいと思います!

スクラブ洗顔テメーはダメだ

ボボボーボ・ボーボボ 第1巻, 澤井啓夫

スクラブ洗顔は強くこすると肌を傷つける原因になります!加えて清涼感の強い洗顔も肌への刺激となり、肌のケアという観点でよくありません。(男性向け化粧品って結構罠ですよね、、、)

これらを使っている方はすぐに別の洗顔料に乗り換えましょう。

2. ひげを深剃りしよう!

慣れておられる方が多いかと思いますが、解説していきます。

当たり前ですが、剃り残しや青ひげは女装のクオリティをめちゃくちゃ下げます。正しい深剃りをしましょう。

ひげ剃りはT字の多枚刃のものを使いましょう。電気シェーバーで深剃りは難しいですし、刃の枚数が少ないカミソリは肌に大ダメージを与えます。

シェービングフォーム、シェービングゲルもなるべく刺激が少ないタイプのものを使うとよいでしょう。

ミケまるはジレットフュージョン5+1とサクセス 薬用シェービングジェル 多枚刃カミソリ用を使っています。

 

可能ならば温水や蒸しタオルでひげを温めひげを柔らかくします。そしてシェービングフォームもしくはシェービングゲルを適量肌に広げなじませます。

まずは毛流れに沿ってひげを剃っていきます(順剃り)。

そして剃った部分に再度泡・ジェルをなじませ毛流れに逆らう向きで剃っていきます(逆剃り)。なるべく少ない回数で剃り切れるように均等に力を入れ剃りましょう。

ジレットの公式HPでも正しいひげの剃り方が載っていますので参考にしてください。

【参考】髭の剃り方 —シェービングのコツ[男性編]

3. 化粧水と乳液で保湿をしよう!

化粧水は肌に潤いを与える効果があり、乳液はその肌に貯められた水分の蒸発を防いでくれる効果があります。

肌に水を蓄えて蓋をするイメージですね。

まずは化粧水を500円玉くらい手に取り、顔全体になじませます。この際こすってはいけません!そして化粧水を肌に押し込むように、てのひらでゆっくり抑えることを繰り返しましょう。

ペチペチたたいてもダメです!ゆっくりやってください!

繰り返し押し込んで、手につく水分がなくなってきたら今度は乳液です。

10円玉くらいの量を手に取り、顔全体になじませましょう。これも力を入れてはだめ。

私は資生堂のアクアレーベルを使っています。安い割に効果が高くコスパが良いのだそう(嫁情報)

肌に乾燥は大敵と知っていましたか?

肌に水分を貯めておく力が弱くなると乾燥肌になりますし、人によっては肌が乾燥から身を守ろうとして過度に油を分泌してしまう脂性肌になってしまうとのこと。

私も脂性肌気味だったのですが、まさか乾燥が原因だったとは、、、

これらの肌トラブルを抱えている方は化粧水と乳液の保湿だけでも良化する可能性があります!頑張って毎日保湿していきましょう!(‘ω’)

4. 眉毛を整えよう!

眉毛は顔の印象にかなり大きな影響を与えます。

男性にとっては一番ハードルが高い工程だと思います。ミケまるもあまり眉毛を手入れしたことがなく、抵抗がありました。しかしやってみると意外と簡単!

頑張って自分のなりたいイメージの眉毛にしていきましょう!

それでは眉毛を整える手順です。

  1. 理想の眉毛の形を見つける
  2. アイブローペンシルで理想の眉毛を描く
  3. 理想から外れている眉毛を抜く・剃る

①理想の眉毛の形を見つける

まずはなりたい顔に近いモデルさんの顔をGoogleなどで探してみましょう。
Googleで「眉毛」を検索

ミケまるは石原さとみさんの眉をイメージして眉を整えていきます。

出展:exciteニュース

②アイブローペンシルで理想の眉毛を描く

アイブローペンシルで自分の眉の上に理想の眉毛の形を描いていきます。

ミケまるが使ったのはマジョリカ マジョルカ ブローカスタマイズ ソードカット。

 

ソードカット型は取り回しがよく使いやすいです。また、カートリッジだけでも使えますが、 カスタマイズホルダーがあるとより便利です。

石原さとみさんの細い平行眉を真似します。

眉毛の終わりは口の端と目じりを結んだ直線状のラインまで。

眉毛の処理

↑は実際のミケまるの眉毛です(‘ω’) 写真だと鉛筆の色が見づらいので、描いた部分を赤線で囲いました。

眉毛を描いたことによって、どの部分が不要かが分かりやすくなりました。私の場合は上側、下側両方とも処理しなければならない毛があることが分かりますね。

 

③理想から外れている眉毛を抜く・剃る

理想の眉毛から離れている眉毛はアイブローセットの毛抜きで抜いていきます。

理想の眉毛の内側から外側へ跳ねてしまっている毛はハサミで短くしましょう。

そして抜ききれなかった細かい毛はフェリエで剃っていきます。※くれぐれも理想の眉毛ラインに刃が触れないように!マユ無しになります。

そしてフェリエ付属の眉毛長さの調節アタッチメントを装着し、眉全体の毛流れに逆らうように剃り、長さを調節します。ミケまるは4mmで揃えています。

整えた後の写真がこちら

かなーり眉を細くなりました。日常の印象も変わるため、細くしすぎには注意しましょう。

眉毛を整えるのは必ず洗顔(+化粧水・乳液)をしてからにしましょう!

眉毛を整えるのは必ず洗顔(+化粧水・乳液)をしてからにしてください!毛を抜く際に毛穴に傷が付き、菌が入るとニキビになる恐れがあります。洗顔をして肌を清潔にしてから行いましょう!

眉毛の処理を失敗してしまったら?

NARUTO 第7巻, 岸本斉史

眉毛を細くしすぎた、間違えてなくなってしまった、、、

そんな時は眉毛鉛筆で眉毛を描くことができます。(鉛筆本来の役割)

ただし毎朝眉毛を描くのは手間ですし、男性が眉毛を描いているとなったら少し怪しまれるかもしれません。なるべく失敗しないようにゆっくり&丁寧を心がけましょう。

5.顔の毛を剃ろう

顔に生えている細かい毛・うぶ毛は化粧のノリを悪くします。先ほどのフェリエでおでこ、眉間、目元、頬の毛を剃っていきましょう。

赤枠で内側の、細かい毛・うぶ毛が生えている部分はすべて剃っていきましょう。

ミケまるは顔の毛が濃いのか、ファサッとした毛玉ができます、、、

まとめ

やっとメイク前の準備が整いました。普段慣れていない方はここまでやるだけでも少しハードルがあるかもしれません。

一番ハードルの高い眉毛の処理は一度クリアすれば、しばらくは手入れ不要です。生えてきた毛を除けば良いだけなので維持も簡単になります。頑張って取り組みましょう!

それではここまでの内容をおさらいしてみましょう!

メイクをする前にやっておくことは?

①洗顔をする

②ひげを剃る

③化粧水・乳液で保湿する

④眉毛を整える

⑤顔を剃る

特に①~③は毎日のことなので肌トラブルを起こさないように丁寧に続けていきましょう(‘ω’)

早速メイクをしてみたい!という方はこちらも見てみてくださいね!

【参考】女装のやり方・始め方/女装を始めるために必要なもの、金額って?

【参考】女装のやり方・始め方/メイクをしてみよう!

それではお楽しみに~(*’ω’*)ノ~バイバイ