美容・女装

女装のやり方・始め方/メイクをしてみよう!

アイブローペンシルで眉毛を描こう!

これも大事な工程ですね。眉毛はかなり印象を変えます。

理想の眉毛の書き方については前記事も参考にしてみてくださいね。

【参考】前記事:女装のやり方・始め方/メイクをする前にやっておくことは?

ミケまる使用品

資生堂 マジョリカ マジョルカ ブローカスタマイズ ソードカット BR660 600円~

ソードカット型は面が大きく、面積が広い眉毛の中間あたりまでは優しく描けます。また眉尻に向かって眉毛を細くする部分もエッジを使うと細くかけて便利です!

自分の眉毛の上から、理想の形を目指して描いていきます。前記事の内容をクリアしておくと、自分の眉の形がガイドになると思います(*’ω’*)

そして眉終わりは口の端と目じりの直線の交わるところまで。最後に細くなるようにして終わると自然に見えます。

失敗したら、こするとある程度消えるので修正しましょう。

アイシャドーで目を大きく見せよう!

メイクに縁がなくても聞いたことがあるのではないでしょうか。アイシャドーは目の周りに陰影をつけて目力をアップさせることで一気に可愛くなることができます!

実はこの工程では5種類のメイクをしています、がんばってトライしていきましょう!

ミケまる使用品

ソフィーナ オーブ クチュール デザイニングインプレッションアイズⅡ 503 4600円~

嫁の経験談ですが、安いものはラメ粒が大きくて不自然だったり、落ちやすかったりしたそうです。このアイテムはラメ粒子が小さく、肌なじみのよい自然な色で、お金をかけて良かったと思うものだそうです。

ミケまるが使った感想は「むずかしい!」ですね。やはり粉が5種類もあると覚えるのもなかなか大変です(。-`ω-) しかしこのアイテムでほんとうに目元の印象は変わりますね。

今回はミケまるが使用しているものをベースにやり方を解説していきます。

まず①のシャドー筆に含ませ、上まぶたの眼球のあるところ(眼窩)全体に塗っていきます。まぶたがキラキラになります。

②番のシャドーチップにふくませ、目の二重の間すべてに塗っていきます。目の輪郭が強調されて目力がアップします。

③番のシャドーをチップにふくませ、二重の上に薄く塗っていきます。このシャドーは目頭から始めてまぶたの2/3まで描きましょう。

④番のシャドーをチップに含ませ、上まぶたのキワを塗っていきます。まつげの生え際の上から描く形になります。初めてやる方はかなり「かゆい」と思います。

そして大事なポイントが目じりの下側にキワに少しだけ塗ること。いわゆるたれ目メイクです。目が大きく見えますし、優しくかわいい印象を与えます。キリッとした美人メイクより、かわいいメイクを目指すならばぜひやっておきましょう!

石原さとみさんもたれ目メイクを使ってますね。ん~やっぱりかわいいですね。(*’ω’*)

出展:exciteニュース

やりすぎるとパンダになるので要注意。

最後の⑤です。チップにシャドーをふくませ、下まぶたのキワを塗っていきます。下まつげの上から描くイメージですね。こちらもかなり「かゆい」と思います。(ミケまるもこれをやるときはかゆいです、、、)これで目元が明るくなります。

そして最後に目頭の少し内側にチョンとひと塗りしましょう。これも目を大きくする効果があるそうです。

①~⑤までを終えた目の比較がこちら。

目が大きくなって目力がアップしましたね!この工程をマスターするのがかわいいメイクの近道です!

アイシャドーを塗るときは、範囲の真ん中から始めよう。

筆やチップでシャドーを塗るときは最初に肌につけた部分が一番濃く付いてしまいます。なるべく真ん中あたりから初めて、端に向かうにつれてシャドーを薄くしていくと自然な仕上がりになります。

アイライナーで目をくっきりさせよう!

こちらも皆さん名前は聞いたことありますよね。アイライナーは目の縁を黒の線で描くことによって目力をアップさせる効果があります。

ミケまる使用品

デジャヴュ ラスティンファインa 筆ペンリキッド(グロッシーブラック) 1300円~

大人気の滲みにくく落ちにくいウォータープルーフ(耐水)のデジャヴュのアイライナーとのこと。

ミケまるの場合は自然なメイクを目指すため、目の上側だけを塗っていきます。目の下側も囲うように描くとギャル目になりますが、こちらはペンシル型のアイライナーが向いているとのこと。

上まぶたのキワ(まつげの生え際)にうすーく線を引っ張っていきます。このとき顔を上向きにして、半目で鏡を見るとやりやすいです。手首を顔にのせて描いていくと線が安定します。かゆい( ;∀;) 慣れればかゆくなくなるらしいです。

そして目じりまでたどり着いたら、目の輪郭を少し越えてくるんと上向きに終わるように線を引きましょう。ミケまるは自然な感じを目指すので少しだけ。

もっと目をキリッとさせたかったり、つり目メイクをしたい場合はこの目じりの部分を強調するとよいでしょう。

ミケまるは奥二重なので、二重のりがはがれてくるとせっかく引いたアイラインが封印されます。悲しいですね。悲しいです。

ビューラーでまつげを上向きにしよう!

ビューラーはまつげをはさんで、上向きにクセをつける道具です。上にはねたまつげは目をぱっちりさせる効果があるのです。

使っているもののメーカーが分からず、、、画像だけ挙げておきます。

まずビューラーを目元にあて、まつげがはさめる位置に来ていることを確認します。なるべく根元からはさみ込めると効果が◎です。

ゆっくりと、ビューラーでしっかり挟んでいきます。ビューラーでしっかり挟めたら、一度力を緩め、先ほどより少しまつげの先の方へ位置をずらし、同じように力を加えていきます。

一回ではさめるまつげに対し、先端に向かって、3回ほどクセをつけていくと効果的です。

うーむ、写真だとあまり見えないですね

まつげを一度にすべてはさもうとしない!

一回のビューラーで片目のまつげすべてをはさむのは難しいです。まずは目頭から真ん中までのまつげを捕まえてクセをつける。それが終わったら目じり側のまつげを捕まえに行きましょう。

いきなり力をかけない!

ビューラーでまつげの根元からクセをつけようとすると皮膚をはさんでしまう場合があります。力を入れるときはゆっくり、皮膚を巻き込んでいないか確認しながら行いましょう。

マスカラでまつげの存在感を出そう!

皆さんご存知のとおりマスカラはまつげを太く、長くして存在感を出すアイテムです。同じはたらきのアイテムで「つけまつげ」もありますね。

長いまつげは目をぱっちり見せる効果があります。一度マスカラやつけまつげをやってみるとその効果に驚くはず。張り切っていきましょう。

ミケまる使用品

デジャヴュ ファイバーウィッグウルトラロングF1 ピュアブラック 1600円

おお、げじげじ🐛(←げじげじで変換すると出てくる。なぜ、、、)

こちらはアイライナーと同じブランドのものです。ウォータープルーフなのでにじみにくく◎とのこと。

古くなってくるとブラシにダマがつく場合があります。ブラシを容器から出した時にダマがついていたらしごいて取り除きましょう。このとき変なところに色がつかないように注意。

最初はブラシに含まれる液が多い場合があるので、同じくしごいて量を少なくしましょう。足りないなと感じたらもう一度つけていきましょう。

まつげの中心から先に向かうようにブラシでなぞっていきます。このときマスカラの付きが悪い場合はジグザク横に動かしながらなぞってみましょう。何回かやるとまつげが長くなってきます。

おなじくに下まつげにもマスカラを塗りましょう。アイシャドーの時とおなじで下まつげをなぞるとかゆいかもしれません。( ;∀;)

こちらも写真だと少しわかりづらいですね(´;ω;`)

本当はまつげを長く・太くするだけでかなりの目力アップ効果があるのですが、、、

つけまの方がマスカラより強調の効果が強いそうです。私も今度試してみます٩( ‘ω’ )و

 

チークで可愛い印象を強調しよう

チークは頬に赤みをつけて血色をよく見せる効果があります。ぐっと可愛く見えるようになります!

ミケまる使用品

ジルスチュアート ミックスブラッシュ コンパクト N 02 (チークカラー) 3800円~

こちらもジルスチュアートという高級ブランドのコスメで少しお高めです(;´・ω・)

嫁によると肌が綺麗に見えて色も可愛いので買ってよかったとのこと。4色あるので取り方で色味調整可能な高機能品ですね。

化粧筆でチークの粉をくるくるして含ませます。次に鏡を見て笑ってみましょう。笑った時に盛り上がる、頬骨の部分より少し上を中心にしてくるくる筆でなでていきます。うっすら赤みがついたらOKです。

こちらもあまり塗りすぎるとオカメになってしまうので要注意。

シェーディングパウダーで顔に影をつけよう

シェーディングパウダーは顔に影をつくって顔に立体感を出す効果があります。一部の方を除いて、私たち日本人はどうしても「平たい顔族」ですから顔にメリハリをつけるために頑張ってメイクしましょう( ;∀;)

テルマエ・ロマエ, ヤマザキマリ

嫁は気合を入れるとき以外シェーディングパウダーとハイライトは省略するとのことですが、私がメイクするときは気合を入れるときしかないのでしっかりやっていきます。

ミケまる使用品

キャンメイク シェーディングパウダー 700円~

こちらは嫁が試しで買ってみたとのこと。使ってみたミケまるの感想としては、しっかり色も出て影をつけられますしお安いのにしっかり使えると思っています。

まず化粧筆にパウダーをふくませ、顔の影をつけたい部分にガシガシ塗っていきます。ミケまるの場合は①小鼻と鼻側面 ②エラ ③こめかみですね。

①小鼻と鼻側面に塗っていくのは鼻を高く見せたいからですね。目の内側から鼻の側面をがっつり塗っていきます。

②どうしても女の人に比べて男は顔が広く、エラが張りがちですからこれもがっつり陰で隠していきます。

③こめかみの部分についてはウィッグによって隠れることが多いですが、気を抜かずに塗っていきます。

がっつり塗ったように見えますが、他の人から見ると違和感はないので全然問題ありません。恐れずに塗っていきましょう。

ハイライトで鼻、眉を高くしよう!

ハイライトは光が当たっているように見せ、その部分が出っ張っているような印象を与えます。われら平たい顔族は鼻や眉ぼねが低いので、少しでも高く見せる努力をしましょう。

ミケまる使用品

キャンメイク ハイライター01 600円~

こちらも嫁が試しで買ってみたとのこと。ミケまるの感想としては、塗ってみたもののあまり変化が分からず、、、またちがうコスメも試してみたいですね(*’ω’*)

シェーディングパウダー同様、化粧筆にハイライトを含ませ出っ張りをつけたい部分に塗っていきます。

ミケまるの場合はTゾーンに塗っていきます。Tゾーンは眉毛の上の部分と鼻柱の部分のことですね。

うーむあまり違いが分からない(‘ω’)?

1 2 3